鶏ハム

辻クッキング

材料 (1人分)

■鶏胸肉 1枚(300g)
塩 1%(3g)
サラダ油 50ml
アスパラ 2本

■マスタードクリームソース
生クリーム 50ml
レザーウッドはちみつ 小さじ1杯
ヒルファームスパイシータスマニアマスタード 小さじ2杯
塩 5g

作り方

1. 鶏胸肉(300g)の皮と余分な脂や筋をとります
2. 低温で調理するため臭みが出ないように丁寧に下処理します
3. 鶏胸肉の両面に1%の塩(今回は3g)をふります
4. お肉の厚い側に塩が多めにかかるようにします
5. 塩をふったら10分置いて味をなじませます
6. ジップロックにサラダ油(50ml)を加えます
7. 中の油はオリーブオイルやごま油でも美味しいです
8. ジップロック内が真空になるよう密閉します
9. 上手く空気が抜けない場合は、袋を水につけながらやりましょう
10. 油を入れることでお肉にいきなり火が通らず、柔らかな仕上がりになります
11. 水を沸騰させ、炊飯器の内鍋にお湯を入れます
12. 温度計を見ながら水と混ぜて75度のお湯にします
13. 75度になったら鶏胸肉を入れます
14. 内鍋を炊飯器にセットし、保温にして30分ほどおきます
15. 室温に戻した鶏胸肉の場合は15分〜20分で火が通ります
16. 生クリーム(50g)が入った容器にレザーウッドはちみつ(小さじ1)を加えます
17. 電動ミキサーで泡立てます
18. ヒルファームスパイシータスマニアマスタード(小さじ2)を加えて混ぜます
19. 塩をひとつまみ加えて混ぜます
20. アスパラガスを三等分に切ります
21. この時下の硬い部分は使わないので切って避けましょう
22. 小鍋を強火にかけ、沸いてきたら塩を加えます
23. 沸騰したらアスパラガスを茹でます
24. 塩を加えることでアスパラガスの色が鮮やかになります
25. 茹で上がったら水に入れて締め、色を保ちます
26. 35分ほどで炊飯器からお肉を取り出します
27. オイル内に白い沈殿物が多すぎないのが目安です
28. お肉の厚い部分をさわってみて、芯があればOKです
29. 出来上がったサラダチキンをそぎ切りにします
30. 盛り付けます
31. スプーンを熱湯で温め、マスタードクリームソースをのせます

コツ・ポイント

・低温で調理するため臭みが出ないように丁寧に下処理しましょう
・中の油はオリーブオイルやごま油でも美味しいです

注意事項

・食肉による食中毒の多くは生または加熱が不十分な肉を食べたことが原因で起こります。正しい肉の扱いや予防法を知って、安全に調理しましょう。
・炊飯器は、大きく分けて「ガス炊飯器」と「電気炊飯器」に分かれ、さらに「電気炊飯器」は「IH式炊飯器」と「マイコン式(直接炊き、間接炊き)炊飯器」の2種類に分かれます。また、IH式炊飯器の中には、圧力をかけながら炊飯する圧力タイプもあります。
炊飯器のタイプによって、禁止事項、注意事項が異なってくるため、必ずご家庭で使用されている製品に同梱されている取扱説明書または料理集を確認し、記載事項に従って調理をしましょう。